タマゴサミン

タマゴサミンは変形性膝関節症にはどうなの?

タマゴサミン 腰痛 おすすめ 成分 iHA(アイハ)

読了までの目安時間:約 10分

タマゴサミン07

 

だんだん外出がおっくうになったり、階段を自然とさけてしまうなんてことはありませんか?

 

ひざなどの関節が悲鳴をあげてく年齢になったとはいえ、そう嘆いてばかりもいられません。

 

ですが、ひざのつらさというのはなってみないと分からないというのも事実・・・。

 

病院には行ってみたけどすぐに解決とはいかない、これもまたひざの悩みにつきものなんですよね。

 

そんな毎日を変えたいという方が、今注目しているサプリメントがあるんですよ。

 

それがこちらのタマゴサミンです。

 

そんなタマゴサミンですが、どんな成分が含まれているのでしょうか?

 

タマゴサミンの成分と原材料とは?

 

タマゴサミンというサプリメントですが、この成分にどんな秘密が隠されているか気になりますよね?

 

それでは、まずタマゴサミンの成分を見てみましょう。

 

まず大きく分けて4つあります。

 

1、独自成分iHAアイハ。
2、N-アセチルグルコサミン。
3、濃縮コンドロイチン。
4、Ⅱ型コラーゲン。

 

まずiHAアイハですが、こちらはたまごの研究から発見された独自成分なんです。

 

たまごというのは命のカプセルです。

 

つまり、生命を形作るのに欠かせない栄養素がいっぱい詰まってます。

 

そんな、たまごの卵黄からバイオ技術で取り出した成分がiHAアイハというわけです。

 

 

次に、N-アセチルグルコサミンと濃縮コンドロイチンですが、こちらは材料成分です。

 

N-アセチルグルコサミンは、普通のグルコサミンの3倍のパワーです。

 

そしてコンドロイチンも高濃度に凝縮したものを配合しているんですね。

 

 

最後はⅡ型コラーゲンです。

 

こちら、よくこういったサプリで出てくるコラーゲンとして耳馴染みの方も多いかと思います。

 

Ⅱ型コラーゲンとは、カラダの自然な動きに欠かせないクッション成分です。

 

ちなみに、軟骨の約20%を占めているという注目のコラーゲンなんですよ。

 

このように、タマゴサミンには頼もしい成分が配合されているのが分かりましたね。

 

ではタマゴサミンの原材料名もチェックしておきましょう。

 

原材料名:

N-アセチルグルコサミン、卵殻膜粉末,卵黄ペプチド、鶏足抽出物,豚軟骨抽出物、ショウガ末、豚軟骨エキス、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、
光沢剤,微粒酸化ケイ素、ビタミンC、グァーガム、葉酸(原材料の一部に卵、鶏、カニ、ゼラチン、豚を含む)

 

よく見ると、こちらのタマゴサミンの原材料を見ると、卵殻膜粉末,卵黄ペプチとあります。

 

これらの原材料は言うまでもなく、たまごの成分が含まれています。

 

なので、たまごアレルギーがある方は飲むのをお控えください。

 

それと、エビやカニのアレルギーのある方も控えるようにしましょう。

 

 

タマゴサミンという名前はまだまだ知られていないことが多くあります。iHA(アイハ)という成分が入っているサプリメントの事を指すのですが、これがグルコサミンやコンドロイチン等よりも効果が高いことで徐々に広まりつつある名前だからです。当然ながら、このタマゴサミンはグルコサミンなどと同様、関節のクッションとなっている軟骨をつくる成分も含まれているため、膝だけでなく腰痛を改善することもできるのです。今までのグルコサミンなどは軟骨成分が豊富にあることが一番の売りでした。しかしながら、どんなに成分を多く服用しても、それを痛みがある部分で全てが増殖していくわけではなかったのです。なぜかというと、軟骨の成分を一時的に吸収し送っても、そこでしっかりと育って行かなければ一時的な腰痛の改善だけで終わるからです。今回おすすめのタマゴサミンに含まれるiHA(アイハ)という成分は卵黄タンパク質から調製される糖ペプチドが関節部位の軟骨の生成を促すことが分かり、グルコサミンと同様以上の効果がありながら卵黄タンパク由来ということでタマゴサミンという名前になったのです。タマゴサミン自体はグルコサミンと同様の効果があるだけでなく、このiHA(アイハ)が入っている事によって、今までのサプリメントよりも膝痛や腰痛の改善におすすめできるようになっています。

 

 

ヒアルロン酸に配合されるサプリメントもあるようですが、タマゴサミンとして配合されているサプリメントは肌の活性化をメインとしているのではなく、あくまでも老化などによる膝痛や腰痛など、関節の軟骨が自力で生成される事をサポートする為の製品のため、腰痛などが著しく良くなる感じをもたらします。今までのサプリメントは膝関節の痛みに特化して宣伝していた反面、このタマゴサミンは腰痛の改善におすすめの成分と言われています。なぜなら、膝関節は腰の関節に比べて小さく、少しの症状や気のせいのような状態であっても痛みとして認識される代わりに、体重のかけ方次第でも誤魔化すことができます。腰痛の場合は、腰があらゆる行動に関わってきますので、酷い場合は手を伸ばしただけでも腰痛で苦悶するのです。それだけ、重要で巷でも色々な人が腰痛にはこれが良いと宣伝しながらも中々核心的な方法がない中、タマゴサミンはそのような腰痛すらも改善できるといっているのはそれだけの自信の表れであり、科学的な検証を終えた証拠であり、おすすめできる最大の理由となっているのです。タマゴサミンがおすすめの理由には他にもあります。これまでのサプリメントは関節軟骨の成分だけを配合していて食べれば効果があると言っていましたが、タマゴサミンは成分中に関節軟骨の成分だけでなく、それをグルコースとして生成しやすくサポートするiHA(アイハ)が配合されているからなのです。

 

 

これは以前のサプリメントが悪いと言っているのではなく、以前のサプリメントであるグルコサミンやコンドロイチン、そしてiHA(アイハ)が配合されているサプリメントを総称してタマゴサミンと呼んでいるのですから、今までの良質なサプリメントにタマゴサミンが加わっていると考えていただければ良いのです。タマゴサミン自体にグルコサミンやコンドロイチンが配合されていることで、材料と工場が揃った状態になります。軟骨の構成要素がなければどれだけタマゴサミンが優秀でも、腰痛などを改善できません。タマゴサミンの中にグルコサミン等が含まれている事で、今まで以上に改善した感覚が得られますので、グルコサミンやコンドロイチンを服用しても効果を感じられなかったという人まで、このタマゴサミンで喜びの声をあげているのです。老化は腰だけでなく、消化器官にも徐々に訪れてきますので、消化能力が落ちた人にとっては、吸収して機能が改善するまで時間がかかるかもしれません。

 

 

薬ではなく、あくまでもサプリメントですから、改善の時間はかかるとしても、安全性や副作用の心配は薬と比較すると断然低いのです。このように、タマゴサミンは今までのサプリメントを超える能力をもったものとして、徐々に広まりつつあります。なにしろ、老化の一番の悩みである腰痛の改善ができるのであれば、飲み続けることで、国内や海外へ旅行に行ったり、すきな舞台やコンサートなどにでかける事もでき、又日常生活での坂や階段などまだまだ多い、バリアーを自らの身体で感じることが少なくなります。巷ではバリアフリーと言われ、障害が少なくはなってきていますが、身の回りを見てみるとまだまだ多い社会です。こんな社会でも胸をはって明るく生きていけるようになる為に、このタマゴサミンが人生にとって大切な一服の清涼剤になるはずです。試すだけであれば、大金も時間も必要ありません。ただ継続して服用するだけで、未来が明るくなるタマゴサミンを一度試しに服用してみてください。

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報